ペアーズ

ペアーズは危険?マルチ(MLM)・業者に要注意?

女性管理人
女性管理人

こんにちわ!管理人の美咲(@noel_apps)です。

結論を言うと、「Pairs(ペアーズ)」は危険なマッチングアプリではありません。

安全対策がしっかりなされているので、安心して使えます。

しかし、「ペアーズを危険人物が使っている」ということはありえます。

実際、2ch(2ちゃんねる・5ch)に、ペアーズの要注意人物についての口コミが投稿されることもあるようです。

今回は、ペアーズに潜む危険(マルチ会員・業者など)や、ペアーズの安全性について解説します。

ペアーズに潜む危険その1「マルチ商法・ネットワークビジネス(MLM)」

マルチの勧誘の特徴

ペアーズに潜む危険その1は「アムウェイなどのマルチ商法、MLM(ネットワークビジネス)」です。

どういうことかと言うと、ペアーズには、マルチやMLMの新規会員を探すことを目的として登録している人たちがいるのです。

ペアーズでは、独身男女の出会い目的以外の登録は禁じられています。

なので、もしあなたが実際に勧誘されたら、すぐにペアーズの運営に通報しましょう。

マルチ・ネットワークビジネスの勧誘の特徴

アムウェイに勧誘された女性の動画です

マルチやネットワークビジネスの会員が実際にどんな勧誘をしてくるかというと、

  • 青汁、プロテイン、サプリなどの健康食品を薦める
  • 「もっとラクに稼げる方法あるよ?」「一生会社に飼われるつもり?」など煽る
  • 「パーティーやるから来て」「すごい人がいるの」と第三者に会わせたがる
  • 「不動産投資とか資産運用とか興味ない?」と声をかける

などです。

積極的な異性には注意

マッチングしてメッセージのやりとりもろくにしていないのに、

「お茶でもしませんか?」
「会いたいです」

と誘ってきたら警戒してください。

ヤリモクとの違いは「カフェでお茶しましょう」と日中会いたがることです。

男性の場合も同様です。アプローチしてくる女性には注意してください。

普通の女性なら、ほとんど知らない男性に積極的に会いたがることはありません。

実際に会うまでにしっかりとやりとりをし、男性からの誘いを待つことがほとんどです。

女子アナが自ら遭遇した「マルチ商法」の危ない実態

ペアーズに潜む危険その2「業者」

ペアーズに潜む危険②業者

ペアーズに潜む危険その2は、「業者」です。

業者には、「他サイト誘導目的の業者」と「個人情報回収目的の業者」の2種類います。

業者は「モデル並みのかっこよさ・可愛さの写真」を使って会員を騙します。

残念ながら、ペアーズにも業者はいます。

別サイト誘導は確実に業者

もし、ペアーズ内やLINEなどでやり取りをしている途中で、何かしらの理由をつけて

「違うところで話そうよ」

と別サイトに誘導してきたら。

その人は、課金型の悪質詐欺サイトへ人を誘導し、お金を巻き上げようとする業者で間違いありません。

すぐに連絡先交換は怪しい

すぐに連絡先交換は怪しい

マッチングして間もないうちに連絡先を聞いてくるのも業者の可能性が高いです。

男性会員をターゲットにしている場合は、「好き」「会いたい」などのアピールがすごい場合も多いですが、騙されないでくださいね。それは罠です。

マルチ会員のところでもお話しましたが、普通の女性がそんなに積極的にアピールすることはまずありません。

万が一業者でないにしろ、プロフィール上どんなに魅力的に見える相手でも、ほとんど知らないうちに連絡先を交換するのはやめたほうが良いです。

特に女性はヤリモクなどの危険もありますので、慎重になってください。

「ペアーズのサクラや業者の特徴と見分け方」をチェック

ペアーズに潜む危険その1「話がかみ合わない人(頭がおかしい人・クレーマー)」

ペアーズに潜む危険その3は、「話がかみ合わない人(頭がおかしい人・クレーマー)」です。

一言でいうと、やばい男ですね。

これはLINE、メッセージなどに限らず、会話が通じない、会話のキャッチボールができない人の事を指します。

相手が送ってきた内容にはまったく触れず、自分の主張だけ送ってくるような人には要注意です。

また、やたら理想が高い男性で、会う前から「スカートを履かない女性はありえない」など自分の希望を押し付けてくるのも「やばい男」の一種です。

メッセージの途中で「違和感」を感じた場合は、無視またはブロックしてもいいでしょう。

ペアーズに潜む危険を回避する方法

マルチ対策として、何の集まりかを聞いておく

何の集まりかを聞いておく

管理人
管理人

何かパーティーに誘われた場合、そのパーティーは何の集まりなのかを聞いておくと安心です。

それよりもまず、初対面や数回しか会っていない段階で、いろんな人が集まるホームパーティーに行くのはやめた方が良いと思います。

普通に恋活婚活している男女なら、出会ったばかりの異性をパーティーに誘うなんてありえないからです。

怪しい誘いの断り方

断り方が難しいと思うかもしれませんが、「2人で会いたいです」と普通に言えばOKです。

それでも誘ってくるようなら怪しさ満点なので連絡をとるのをやめましょう。

私もペアーズ内ではありませんが、誘われて行ったらマルチ商法のパーティーだったことがあります。

そこから断るに断れず何回か参加し、契約させられる手前まで行ってしまいました。

そうならないように、怪しいと思ったら早めに関係を切りましょう。

業者・話がかみ合わない人共通の回避法

安心できるまではペアーズ内でやりとりしよう

安心できるまではペアーズ内でやりとりしよう

少しでも「怪しい」と感じたら、安心できるまでは、ペアーズ内でやりとりをするのにとどめておきましょう。

聞かれるままに連絡先などの個人情報を教えてはいけません。

特に業者は、

「ペアーズは重いからやりとりしにくい」
「もう退会するから」

など、何かと理由を付けて連絡先を聞き出そうとしてきますが、それがマッチングしてすぐだった場合は業者の可能性が高いので無視しましょう。

不快な思いをしたらブロック&通報

業者・話がかみ合わない人、どちらにも言えることですが、しつこく絡んできたり、暴言を吐いてきたりすることもあるかもしれません。

そんな不快な思いをしたときはすぐにブロックし、運営に通報しましょう。

結局、ペアーズって安心・安全なの?

会員数が1000万人を突破

会員数が1000万人を突破

ペアーズは現在の会員数が1000万人を突破しています。※2020年8月時点。

もし本当に危険であればここまで会員数は伸びないでしょう。

会員数の多さは、「安全に利用できるアプリである」という裏付けにもなります。

年齢認証システムがあるから安心

ペアーズを利用するには、公的な身分証明書による年齢認証が必須です。

公的な身分証明書とは、健康保険証や運転免許証になりますが、中には、悪用されるのではないかと心配な方もいるようです。

しかし、悪用はもちろん、情報漏洩などもしたという話は聞いたことがありません。

もちろん私も提出していますが、今まで何か被害を被ったことはありません。

匿名で利用できる

ペアーズを利用する際は、本名を明かす必要はありません。

イニシャルやニックネームでの登録が可能です。

相手に個人情報を提供せずに出会いを探せるので安心ですね。

良質な口コミが多数

ペアーズでは真剣に恋人・結婚相手を探している方が多数登録しています。

その方たちの口コミから、さらに登録する人が増えている状態ですので、登録している人は真剣にお相手を探している方が多いです。

「ペアーズ(Pairs)の口コミ・評判」を見る

業者やマルチはどのサイトでもいる

管理人
管理人

どの出会いアプリでもマルチ商法・業者などは少なからず存在します。

出会ってしまったら、即座にブロックし、運営に通報しましょう。

個人情報などを聞かれても絶対に教えてはいけません。

LINE交換も、「この人危険かも」と感じたら絶対に断ることです。

ペアーズだから危険だということではなく、業者・マルチ商法をしている人はどのマッチングアプリにもいます。

出会ってしまったときに「どう対応するか?」が重要です。

まとめ

管理人
管理人

ペアーズに潜む「危険」は、どのマッチングアプリにも存在するものです。

運営は24時間365日体制で監視しており、迷惑行為と判断された場合は、アカウント停止・強制退会になる可能性があります。

安全に利用できるシステムが構築されているので、従来の出会い系アプリよりは断然に安心・安全に利用する事が出来ます。

「ペアーズ(Pairs)で結婚できる?結婚相手を見つける4つの方法」を見る

-ペアーズ

© 2020 ノエル