おすすめマッチングアプリのランキング

恋活・婚活のノエル

with

withにサクラはいる?サクラはいないが業者に注意!

投稿日:2017年12月7日 更新日:

withにサクラはいる?サクラはいないが業者に注意!

メンタリストDaiGo監修のマッチングアプリ『with(ウィズ)』。

「心理学、統計学をもとにピッタリの相手と出会える」と評判のwithですが、安全に使えるアプリなんでしょうか?

いくら人気でもサクラや業者がいるとなったら安心して使えないですよね。

そこで今回は、withの安全性を徹底調査しました。

withを使おうか迷っているあなた!

ぜひチェックしてみてくださいね!

withにサクラはいる?

withにサクラはいる?
まずは気になるwithのサクラ事情について見てみましょう!

withにサクラはナシ!

withにサクラはナシ!
withにサクラはいません。

ここで言うサクラとは、運営が雇った偽物のユーザーを指します。

その目的は、

「人気アプリだと思わせる」
「ユーザーが課金するように誘導する」

というもの。

こういったサクラがwithにはいないんです。

そう言い切れるのには理由があります。

メンタリストDaiGoが監修

>メンタリストDaiGoが監修
たぶん、withと聞くと「あ、DaiGoのやつね」と思う人も多いんじゃないでしょうか?

でも本当に、with=DaiGoと言ってもいいほど、withってDaiGo色が強いんです。

筆者は、

「DaiGoが監修しているとあるけど、まぁ名前を貸してるぐらいかな?」

と思っていたんですが…。

性格診断はもちろん、プロフィール作成のときもメッセージ送信のときも、いたるところでDaiGoが出てくる(笑)

もしwithにサクラがいるとなったら、DaiGoのイメージに相当影響が出ることは間違いないですね。

そんなことは避けたいでしょうから、サクラを入れているとは考えられません。

映画とコラボするなど芸能界とつながりがある

withは映画『ラブ×ドック』とコラボもしています。

しかもこれが結構しっかりしたコラボなんですよね。

期間限定なんですが、今withでは『恋愛遺伝子診断』というものをやっています。

この『恋愛遺伝子診断』とは、質問に答えていくと遺伝子レベルで惹かれ合う男性のタイプがわかる、というもの。

この診断結果に『ラブ×ドック』に出ている俳優たちが使われているんです。

もしwithにサクラがいるとなったら、DaiGo同様、映画の出演者たちのイメージダウンに繋がりかねません。

おそらくコラボするにあたり、映画関係者はwithについて調査したはずです。

それで「OK」ということになり、コラボする結果になったのでしょう。

ここから考えても、「withにはサクラはいない」と言えます。

一部上場企業のイグニスが運営

一部上場企業のイグニスが運営
withを運営している株式会社イグニスは、with以外にも多くのスマホアプリをヒットさせています。

一番有名なのは『ぼくとドラゴン』でしょうか。

他にも『LINE大富豪』や『だーぱんシリーズ』などもありますが、リリースしたアプリの累計DL数は7000万を超えるとのこと。

そんなイグニスがwithでサクラを使っているとなったら他のアプリの人気にも間違いなく影響が出ます。

ましてイグニスは一部上場企業ですから、会社の信用は何より大事です。

アプリの人気・会社の信用度ダウンにつながることはしないと言えるでしょう。

☞ ウィズ(with)公式はコチラから

業者はいる可能性アリ

ではwithに業者はいるんでしょうか?

筆者は今のところ遭遇したことはありません。

ただ、マッチングアプリである以上、業者がいる可能性はあります。

業者の特徴

業者の特徴
マッチングアプリにいる業者のプロフィールには共通の特徴があります。

  • 年齢は20代~30歳くらい
  • ハイレベルなルックス
  • 高収入
  • facebookの友達が少ない

この特徴を満たしている人を見かけたら、注意したほうがいいです。

「絶対に業者!」とは言い切れませんが…。

「イケメンで高収入だけどシャイで友達が少ない真面目なユーザー」の可能性もありますからね(笑)

筆者が一番注意して見ているのはプロフィール写真です。

「芸能人並のイケメン・サブ写真なし」
「サブ写真はあるけどどれも画質がやたら良い」

だったらかなり警戒しますね。

その上、「20代~30歳」「高収入」の条件を満たすようであれば、大体スルーしています。

業者と出会ってしまったら?

「業者と出会ったらどうしよう」と思った人もいるかもしれません。

でも、仮にマッチングしたとしても、アプリ内でメッセージをやりとりしているだけなら問題ありません。

業者の目的は、

「他のサイト・アプリに誘導すること」
「個人情報を入手すること」

なので、マッチングしたばかりなのに、

「withは使いづらいから他のサイトでやりとりしよう」
「withを今日で退会するから連絡先を教えて」

などと言ってきたら要注意です。

他のサイトに誘導しようとしてきたら確実に業者と言っていいと思います。

即、運営に通報しましょう!

「なんかあやしいかも」

とちょっとでも思ったら連絡先を教えちゃダメですよ!

安心できるまでアプリ内でやりとりするか、ブロックすることをオススメします。

withの安全性は?

withの安全性は?
withの安全性は高いと言っていいと思います。

理由を見ていきますね!

登録にはfacebookアカウントが必要

withを利用するにはfacebookアカウントが必要になります。

facebookアカウントと連携していると聞くと、

「facebookの友達が出てきたらどうしよう」
「withを使っていることがバレるのでは?」

と心配する人もいると思いますが、その心配には及びません。

withはfacebookと連携しているからこそfacebookの友達を自動的にブロックすることができるんです。

なので、facebookの友達を紹介されることはありません。

また、友達情報は自動的に更新されるので、「withを始めてからfacebookでつながった人がいる」という場合にも心配はいりません。

「それでも心配だからすぐ更新したい」

というときには、

iOS版ならタブバーにある「マイページ」、Android版なら左上の三本線をタップ→「各種設定」をタップ→「facebookの友達更新」をタップ→「facebookの友達情報を更新する」をタップ

でOKです。

また、自分がwithを使っていることがfacebookに投稿されることもありません。

もし知り合いを見つけても大丈夫!

もし知り合いを見つけても大丈夫!
facebookの友達は自動的に排除してくれますが、

「facebookでつながっていない知り合いを見つけてしまったら」
「しかもうっかり足あとまでつけてしまったら」

と不安になった人もいるかもしれませんね。

それも心配いりません!

知り合いを見つけたら、

プロフィール右上の「・・・」をタップ→「ブロックする」をタップ

これでブロックしましょう。

ブロックしたら相手に自分のプロフィールが表示されなくなりますし、うっかりつけた足あとも削除されます

24時間365日の監視体制

withでは、24時間365日の監視体制をとっています。

年齢確認書類、プロフィール、写真だけでなく、メッセージの内容もチェックしているみたいですね。

年齢確認書類、プロフィール、写真だけでなく、メッセージの内容もチェックしているみたいですね。

「個人の特定ができるもの」
「閲覧者に不快感を与えるもの」
「公序良俗に反するもの」

こういったものは掲載されません。

また、不審なユーザーがいた場合はその監視、悪質な場合は強制退会になることも。

withの審査基準を見ると結構細かいので、

「何かしらひっかかるのでは?」

とドキドキしそうですが、筆者は写真もプロフィールもメッセージも何も考えず設定したり送ったりしたけど全然大丈夫でした。

なのでそんなに構えなくてOKです(笑)

24時間監視されてると思うとちょっと緊張しますが、常にチェックしてくれているからこそ、

「年齢を詐称しているかも」
「誹謗中傷されたらどうしよう」
「うっかり個人情報がもれてしまった」

という不安なく利用できるというわけですね。

それでも万が一不審なユーザーを見つけたら、通報機能を使いましょう!

サクラ・業者以外に気をつけてほしいコト

サクラ・業者以外に気をつけてほしいコト
サクラ・業者以外に、withを利用する際に気をつけてほしいのは、ネットワークビジネスとヤリモクの存在です

ネットワークビジネス(MLM)に注意

業者以外にもネットワークビジネスの勧誘を目的に利用しているユーザーがいる可能性もあります。

ネットワークビジネスの特徴

ネットワークビジネスの特徴
業者とは違い、プロフィールはごくふつうだし、やりとりも自然な事が多いです。

ただ、

  • 早く会いたがる
  • 恋人ではなく友達作りを強調してくる
  • やたらと仕事の悩みを聞き出そうとする

という傾向はあります。

会う場所は日中のカフェを指定してくることが多いかもしれません。

大体は「実際に会ってみてビジネスの話をされてわかった」ということが多いです。

しかし、その場ではとくにそういった話をせず、

「すごい人がセミナーをやるから一緒に行こうよ」
「部屋を貸し切ってパーティーをやるんだけど来ない?」

などと言ってきた場合も、ネットワークビジネスの可能性が高いです。

ネットワークビジネス対策

そういったネットワークビジネスの人たちに引っかからないためには、

  • 会うまでに時間をかける
  • セミナー・講演会などに誘われたら断る
  • 下手に仕事の不満を話さない
  • 会うときは人目の多い場所で
  • 密室には行かない

こういったことに気をつけましょう。

ヤリモクはどこにでもいる

ヤリモクはどこにでもいる
マッチングアプリには少なからずヤリモクがいます。

筆者はwithで遭遇したことはないですし、そもそもwithでは肉体関係を目的とした利用は禁止されていますが、いないとは言い切れません。

ヤリモクの特徴

体目的かどうかはやりとりの段階でわかる場合もあります。

  • マッチングしてすぐに連絡先を交換したがる
  • とにかく早く会いたがる
  • やたらと飲みに行きたがる
  • 趣味や内面に関わることは聞いてこない

とにかくヤリモクは性行為をすることだけが目的なので、女性の内面に興味が興味がないですし、酔わせて潰してお持ち帰りできるように、お酒が飲めるところに行きたがります。

ヤリモク対策

ヤリモク対策
ただ、メッセージではうまく隠していることもあり、実際に会ってみないとわからないことも多いです。

なので、もし男性ユーザーと会うことになったら、

「日中、繁華街のカフェでお茶しましょう」

と提案することをオススメします。

もしこれを嫌がるようであれば、ヤリモクの可能性が高いですね。

また、withには「質問付きいいね!」という機能があります。

これは、

「相手が自分にいいね!をするときに答えてほしい質問を設定できる」

というものです。

3つまで質問を設定できるので、

「自分のどこがいいなと思ってくれましたか?」
「どういったところで気が合いそうだと思いましたか?」

など、プロフィールをちゃんと見ていないと答えられない・答えるのに時間がかかる質問にしておくと、手っ取り早く相手を見つけたいヤリモクを避けることができます。

うまく対策してヤリモクを近づけないようにしましょう!

まとめ

withにサクラ・業者はいるのか?安全に使えるのか?について調査してきました。

業者がいる可能性はあるけれど、サクラの心配はナシ、withは総合的には安全性の高いアプリということがおわかりいただけたかと思います。

ネットワークビジネスやヤリモクなど、気をつけてほしいコトはありますが、特徴・対策を抑えておけば大丈夫かと思います。

女性は無料で使えますし、ためしにインストールしてみることをオススメします!

☞ ウィズ(with)公式はコチラから

◆目的別で探す◆

良く読まれる記事 Best3

1位 マッチングアプリランキング

マッチングアプリランキング

口コミが評判のマッチングアプリ。

当サイトおすすめはコチラ!

徹底比較しています。

社会人女性が出会う9つの場所

出会いがない女性へ

仕事忙しくて恋愛なんて出来ないし...

だけどそろそろ「いい人」いないかな。

そんなアナタに送る出会いの場「9つ」を解説

出会いアプリの全一覧

出会い系アプリ全一覧

日本で使える出会いアプリを集めました。

※随時更新中

-with

Copyright© 恋活・婚活のノエル , 2018 All Rights Reserved.