結婚相談所

結婚相談所ブログから見るトラブル5選

投稿日:2019年3月9日 更新日:

結婚相談所ブログから見るトラブル5選

結婚相談所に行こうか迷っているそこのあなた。

実は、結婚相談所にまつわるトラブルは少なくありません。

今回は、結婚相談所への入会を考えているあなたのために、結婚相談所ブログでよく見るトラブルについてまとめました。

結婚相談所ブログから見るトラブル5選

ざっくり言うと

結婚相談所トラブル例1.お相手を紹介してくれない

“熱心なのは入会直後のみ”という場合は多い

“熱心なのは入会直後のみ”という場合は多い

よくあるのが、結婚相談所に登録したものの、お相手をほとんど、もしくは、まったく紹介してくれないというケースです。

入会直後は専任のコーディネーターが親身になって話を聞き、お相手を紹介してくれたけれど、しばらくすると誰も紹介してくれなくなった、という話はよく聞きます。

トラブルが起きやすいのは“仲人型”

結婚相談所には、

  • 仲人型・・・専任のコーディネーターがあなたに合った人を紹介してくれる
  • データマッチング型・・・条件検索や相性診断システムを使用して、好きな場所で好きな時間にお相手を探せる
  • ハイブリッド型・・・「仲人型」と「データマッチング型」のどちらも選べる

この3パターンあり、「紹介してくれない」というトラブルが起きやすいのは仲人型の結婚相談所です。

トラブルが起きた理由は?

トラブルが起きた理由は?

このようなトラブルが起きた理由は主に4つです。

  • 専任のコーディネーターのやる気がない
  • 専任のコーディネーターが忙しすぎる
  • そもそも会員数が少ない
  • 条件が厳しすぎる

コーディネーターのやる気がない

仲人型の結婚相談所は、専任のコーディネーターがあなたの希望や性格を把握した上で、あなたにピッタリのお相手を紹介してくれるというシステムになっています。

つまり、あなたが出会えるかどうかはコーディネーターにかかっていると言っても過言ではないわけです。

ここでもし、コーディネーターのやる気がなければ、全然お相手を見つけてくれない、もしくは、全く希望に合わないお相手ばかり紹介される、ということになります。

売上ノルマがある結婚相談所だと、「入会までは熱心だけれど入会したら一切サポートしてくれなくなった」という場合もあります。

コーディネーターが忙しすぎる

コーディネーターが忙しすぎる

結婚相談所によっては、コーディネーターが入会希望者への営業と会員へのサポートを兼任していたり、1人でたくさんの会員を抱えていたりします。

その結果、忙しすぎて、どうしても会員1人1人に手が回らない、きめ細やかな対応ができない→紹介が滞ってしまうという事態に陥っている可能性もあります。

そもそも会員数が少ない

個人でやっている結婚相談所だと、そもそも会員数が少ないため、紹介できないということもあります。

条件が厳しすぎて見つからない場合も

条件が厳しすぎて見つからない場合も

条件が厳しすぎて希望に合うお相手がいないため紹介できない、見つからない、というパターンもあります。

これは、仲人型、データマッチング型、どちらの場合にも言えることです。

累計会員数1000万人超の“ペアーズ”で結婚する方法を見る

ペアーズ(Pairs)で結婚できる?結婚相手を見つける4つの方法

解決法は?

入会前にスタッフの雰囲気をチェック!

このようなトラブルに遭わないためには、入会前に無料でできる婚活体験に参加してみることです。

大体の結婚相談所は、無料カウンセリングや無料相談など無料体験を実施しています。

そこでスタッフの対応や雰囲気などをチェックしてみてください。

やる気がない、表情が疲れている、親身になってくれない・・・そんな印象を受けたならやめておいた方が良いですね。

ただ、「入会させるまでは熱心に頑張る」というところもあるので、やたらと入会を勧めてくる場合も要注意です。

「毎月最低◯人紹介します」とうたっている大手の結婚相談所を選ぶ

「毎月最低◯人紹介します」とうたっている大手の結婚相談所を選ぶ

紹介数を増やすには、会員数が多い大手の結婚相談所を選ぶというのが一番簡単です。

さらに、

「毎月最低2人ご紹介保証付き」
「6ヶ月で6回のお見合いを最低保証」

など、「確実に◯人紹介します」とうたっている相談所を選べばコンスタントに出会うことができますし、

「入会してしばらくしたら紹介されなくなるのでは?」

という不安もなくなります。

条件をゆるめてみる

条件が厳しすぎてお相手が見つからない場合は、ちょっと条件をゆるめてみましょう。

すぐにお相手が見つかると思いますよ。

結婚相談所トラブル例2.サクラらしき会員がいる

結婚相談所トラブル例2.サクラらしき会員がいる

お見合いを申し込むと、

「もう退会した」
「断られた」

などと言われてまったくお見合いができない。それが何度も続いている。

もしくは、お見合いには至るものの、すぐに連絡が取れなくなってしまうなど、なかなか交際まで発展せず、お金だけ取られ続けてしまう・・・

もしかしてサクラだらけの結婚相談所なのでは?

こういったケースは少なくありません。

サクラナシの“Omiai”の使い方・攻略法を見る

Omiai(オミアイ)の使い方攻略!料金・退会方法もまとめて徹底解説

トラブルが起きた理由は?

こういったトラブルに遭遇してしまったのは、「スタッフの甘い言葉に釣られて入会してしまったから」とも言えます。

「ここならお金持ちの男性と必ず結婚できる」
「あなたならすぐにお相手が見つかる」

などと言ってその気にさせたり、ルックスの良い会員(サクラの可能性大)の写真をたくさん見せて登録を促すのは常套手段です。

結婚相談所は結婚相手を見つけやすいとは言え、「確実」、「絶対」に結婚できるなんて言い切れるわけがありません。

また、まともな結婚相談所なら、男性会員の容姿や年収で入会意欲を高めようとはしません。

解決法は?

サクラがいない結婚相談所を見極める

サクラがいない結婚相談所を見極める

サクラがいない優良な結婚相談所を見極める目を持つことが大事です。

見極めるポイントは?

安全な結婚相談所を見極めるポイントは、以下の通りです。

  • 大手の結婚相談所連盟(IBJ、NNC、BIUなど)に所属している
  • 入会前にネットで口コミや評判をチェックする→悪質相談所なら必ず悪評が見つかる
  • 入会時に身分証明書などの書類の提出が必須ではないところは怪しい→優良相談所は身元確認を徹底している
  • マル適マーク(CMS)を取得しているところを選ぶ
  • 入会時に、好条件の会員をプロフィールをたくさん見せられたら怪しむ→サクラの可能性大

マル適マークとは?

マル適マークとは、日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)が発行しているマークのことです。

マル適マークは、法律を遵守して運営されている、安心安全な結婚相談所のみ取得できます。

マル適マークを取得していない=悪質結婚相談所というわけではありませんが、マル適マークを取得している結婚相談所なら確実に安全です。

たとえば、楽天オーネット、ツヴァイ、ゼクシィ縁結びカウンターなどはマル適マークを取得しています。

マル適マークを取得している結婚相談所一覧はコチラ

結婚相談所トラブル例3.中途解約させてくれない。違約金が高い

結婚相談所トラブル例3.中途解約させてくれない。違約金が高い

「身近な場所でお相手が見つかった」
「これ以上活動を続けても出会えなそうだから辞めたい」

など、さまざまな理由から途中で結婚相談所を退会しようかなと考える方は多いと思います。

しかし、その旨を結婚相談所に伝えても、「もうちょっと頑張ればお相手が見つかる」と引き止められたり、「途中で解約はできない」と言われるなど、なかなか辞められない!というトラブルが少なくないのです。

また、中途退会に応じてくれたものの、解約違約金が高すぎて辞められない、というケースもあります。

トラブルが起きた理由は?

なぜこういったトラブルが起きるのか?というと、解約に関する規定を入会前に把握していなかった、というのが理由に挙げられます。

解決法は?

入会前に中途解約の規定を確認!

入会前に中途解約の規定を確認!

このようなトラブルに遭わないために、入会前に必ず、書面と口頭で、

  • 中途解約できるか?
  • 違約金はいくらか?
  • 中途解約した場合、返金はされるのか?

など、解約に関する規定について確認しておきましょう。

中途解約はできない規定になっていたり、退会方法を明記していなかったり、法外な金額の違約金を設定していたりする場合は悪質な結婚相談所ですので、絶対に契約しないようにしましょう。

退会する意志をはっきり伝える

中途解約は絶対できる!

「途中で解約できない」と言われることもあるかもしれませんが、そんなことはありません。

結婚相談所は、理由が何であるかに関わらず、中途解約できることが法律で定められています

コーディネーターにはっきりと「退会したい」という意志を伝えれば、優良な結婚相談所であればすぐに退会の手続きを進めてくれるはずです。

内容証明なら確実

本当に手続きをしてくれるのか不安な場合は、電話ではなく、「退会の意志を表示した」という証拠が残る内容証明郵便で中途解約の手続きをしましょう。

内容証明の書き方を見る

悪質な結婚相談所で退会に応じてくれない場合は、国民生活センターに相談しましょう。

国民生活センターHPはコチラ

違約金には上限がある

解約違約金についても、法律によって上限金額が決められています。
※サービス提供前・・・上限3万円。
サービスを提供している段階で中途解約する場合・・・2万円か契約残金の20%のどちらか低い方。

もしそれ以上の金額を請求されたら、国民生活センターに相談しましょう。

国民生活センターHPはコチラ

結婚相談所トラブル例4.結婚詐欺師にだまされた

結婚相談所トラブル例4.結婚詐欺師にだまされた

「結婚相談所で結婚詐欺師にだまされた」

という話を聞くことがあります。

優良な結婚相談所であれば、独身証明書、住民票、収入証明書などの書類提出による身元確認をしっかり行っていますし、料金も高額なので、結婚詐欺師がいることはほとんどありません。

しかし、スタッフの目をごまかして潜り込む可能性もなくはないのです。

トラブルが起きた理由は?

結婚相談所に結婚詐欺師が潜り込む理由は、「結婚相談所には結婚願望が強い女性が多いから」です。

結婚相談所には「今すぐ結婚したい!」という女性がたくさんいます。

そういった女性は、結婚願望があまり無い女性より「結婚」という言葉に弱く、だましやすいのです。

また、悪質な結婚相談所だと、相談所ぐるみで結婚詐欺を働いているところもあります。

解決法は?

信頼できる結婚相談所を選ぶこと!

信頼できる結婚相談所を選ぶこと!

結婚詐欺師にだまされないためには、身元チェックが厳しくて、信頼できる優良な結婚相談所を選ぶことが第一です(優良な結婚相談所の見極め方に飛びます)。

結婚詐欺師の手口を把握しておく

そして結婚詐欺師の手口を把握しておくことも重要ですね。

  1. 出会って早々結婚を匂わせ、その気にさせる
  2. すぐに体の関係に持ち込み、完全に好きにさせる
  3. 投資や借金の話をして「お金を貸してほしい」と相談してくる

結婚詐欺師は、「お金を巻き上げる」という目的のために、優しく接してくれますし、甘い言葉もささやきます。

それにだまされてはいけません。

絶対にお金を貸さない・物を買わない!

「お金を貸して」
「(高額商品)を買ってほしい」
「どうせ結婚するのだから、とりあえずあなたの名前でローンを組んで」

などと言ってきたら絶対に断ってください。

ちょっとでも「おかしいな」と思ったら、結婚相談所の専任のスタッフに相談してくださいね。

結婚相談所トラブル例5.プロフィールに“ウソ”があった

結婚相談所トラブル例5.プロフィールに“ウソ”があった

「お相手のプロフィールに虚偽があった」という場合も少なくありません

よくあるのが、

  • プロフィールには「未婚」とあったのに本当は離婚歴があった
  • 入会してから転職し、年収が大幅ダウンしたがプロフィールは変更しなかった
  • 写真と実物が別人並に違った

この3パターンです。

トラブルが起きた理由は?

独身証明書では婚歴がわからないから

結婚相談所では、入会時に、独身証明書、収入証明書、住民票などの身元確認の書類の提出が義務付けられてることがほとんどです。

しかし、独身証明書には「今現在独身かどうか」しか記載されないため、婚歴はわかりません。

ですので、本人が「離婚歴があります」と申告しない限り、「結婚したことはありません」で通せてしまうわけです。

年収が変わっても言わなければバレないから

年収が変わっても言わなければバレないから

多くの結婚相談所では、年収が変更になった場合や契約更新時に男性会員に年収証明書を出してもらって、年収の更新をしています。

しかし、中には年収が変更になったことを言わずにプロフィールもそのまま、という会員もいるのです。

黙っていても契約更新時にバレるのですが、「前の方が年収が高いし、バレるまではそのままにしておこう」というワケですね。

プロが撮っているため、盛れすぎてしまうから

結婚相談所のプロフィールに使う写真をプロに撮ってもらう人は少なくありません。

写真スタジオでは撮影の際に、男性でもヘアメイクをしてくれたり、髪色や肌質などを加工してくれたりするところもあります。

そこまでしたら、実際のその人と「別人?」と思うくらいかけ離れた写真になってしまうのも無理はないですよね。

解決法は?

戸籍謄本の提出を義務付けている結婚相談所を選ぶ

戸籍謄本の提出を義務付けている結婚相談所を選ぶ

婚歴詐称を防ぐには、戸籍謄本の提出を義務付けている結婚相談所を選べばOKです。

戸籍謄本には婚歴が記載されていますからごまかすことはできません。

しかし、離婚後に戸籍の本籍地を変える「転籍」をした場合、戸籍謄本から離婚のバツ印が消えるため、婚歴があったかどうかはわからなくなります。

そこまでして婚歴を隠して結婚相談所に入会する人はほとんどいないと思いますので、この点に関してはそこまで気にしなくて大丈夫です。

年収更新したばかりの人を選ぶ

基本的に、入会して間もない人や、契約更新、年収更新したばかりの人であれば年収詐称の心配はないと思います。

確定申告の時期に男性会員の年収をまとめて更新している結婚相談所も多いので、そういった相談所を選び、年収更新の時期にお相手探しをするというのも一つの手です。

また、実際に会って話してみて、

「高年収で激務なはずなのに時間に余裕がありそう」

など、ちょっとでも「あれ?」と思うところがあれば、先を急がずしばらく様子を見るというのも年収詐称に引っかからないために重要です。

多少の詐欺写真は大目に見る

多少の詐欺写真は大目に見る

結婚相談所や婚活アプリでは、普段よりも魅力的に見える写真を使う人が大半です。

女性もそうですよね。

「生涯を共にするお相手を見つけたい」
「少しでもお相手に良い印象を持ってほしい」

と真剣に考えているからこそ、写真に気合いが入ってしまうわけです。

ですので、多少の詐欺写真は多目に見て、その人の中身でこの先の関係をどうしていくか?を判断することをオススメします。

優良な結婚相談所を選ぶポイントは?

トラブルを避けるには、優良な結婚相談所を選んで入会することが何より大事です。

優良な結婚相談所を選ぶポイントは、先ほどお話した「サクラがいない結婚相談所を見極めるポイント」を参考にしてみてください。

個人で経営しているところでも優良な結婚相談所はありますが、見極められるか不安なら、ツヴァイ、ノッツェ、ゼクシィなど大手を選べば間違いありません

“ゼクシィ縁結び”アプリで出会える?口コミ・評価を見る

ゼクシィ縁結びの口コミ・評価まとめ!サクラいる?出会える?

まとめ

結婚相談所ブログでよく見るトラブルをまとめました。

サクラ会員や中途解約に応じてくれない、といったトラブルを知って不安になった方もいると思いますが、優良な結婚相談所を選べば大丈夫です。

結婚相談所に興味がある方は、資料請求だけでもしてみませんか?

無料でできますし、資料請求だけして入会しなくてももちろんOKです。

複数の優良結婚相談所から一括で資料を請求できるサイトをこちら☟で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

「結婚相談所の一括資料請求サイトどれ使えば良い?利用法・メリット・デメリットは?」を見る

-結婚相談所

Copyright© ノエル , 2019 All Rights Reserved.