ティンダー

Tinderにサクラはいるの?同性でも油断は禁物!

更新日:

海外発で、いま最もホットなソーシャルマッチング系のアプリ「Tinder(ティンダー)」。

このアプリの最大の特徴は、位置情報を元に表示される相手の中からマッチングしたい人をスワイプで選ぶということ。

名前は聞いた事があるけれども、使ったことがない。

または、使ってみたいけれども、サクラがいるのではないかとちょっと不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

今回は、実際に使って分かった、Tinderの安全性・サクラについてお話したいと思います。

Tinderにサクラはいるの?いないの?

Tinderにサクラはいるの?いないの?

Tinderにサクラはいるか?それはまずいないと考えていいと思います。

Tinderを長く使ってきた私ですが、今までサクラに出会ったことは一度もありませんでした。

また、サクラはいないと断言できるいくつかの根拠があります。

Tinderは基本的に”無料”で使える

まず一つ目は、Tinderは基本的に”無料”で使えるサービスであることです。

最近流行りのマッチングサービスは「いいね」を送るには一定の回数以上を送ると有料です。

登録されている異性の「プロフィール写真」や「自己紹介等の情報」は無料で閲覧ができますが、相手にアピールする行為、は有料です。

さらに、マッチングしてからメッセージを交換するにもお金がかかることがあります。

ですが、Tinderではその”いいね”も、その後のメッセージのやりとりも全て無料で使うことができます。

今まで課金サービスを利用してきた多くのユーザーが、無料だという理由で世界中からTinderに集まってきました。

ユーザー数がどんどん増えた為、マッチング数も格段に増えました。運営会社はウハウハです。

Tinderではユーザー数が多い為、わざわざサクラにお金を使う必要がないのです。

※悪質サイト、サクラを雇っているアプリはポイント課金制が多い

Tinderのセキュリティ

二つ目は、セキュリティー面での話です。

Tinderは基本的にFacebookアカウントでのログインを採用しています。

万が一、偽のアカウントでこの段階をクリアしたとしても、その後電話番号での認証が必要になります。

一つの電話番号に対して一つのアカウントしか作ることができない為、いくつもアカウントを運営するにはハードルが高くなります。

また、ちょっと話してみて怪しいと思ったら通報をすることができるので、怪しいアカウントは通報により排除されます。

Tinderに業者はいるの?

Tinderに業者はいるの?

どのサービスも人気が出ると、それに便乗して悪さをしようとする業者はいます。

そして、いないと断言することは難しいです。

なぜなら、私が実際に経験しているからです。

警戒対象は異性だけではありません。同性にも要注意!

私は今までマッチング対象を男性だけにしていました。

社会人になると、出会える人が限ってくるので、気の合う人とご飯に行ったり、自分の知らない業界の人と話をして視野を広げたいと思い、初めて女性もONにしてみました。

とはいえ、相手も女性と話したいかわからないので様子を見ることにしました。

ある日、年齢が近くて職場のエリアが同じな女性が現れました。

とても綺麗な方で、IT会社に勤務、副業で経営をされていると書いてありました。

同年代というだけで嬉しくて、すぐに“いいね”を送ってたらマッチングされたので、相手は前から私を選んでいた様子でした。

まずは私の方からメッセージを送りました。会話の内容は記憶が曖昧ですが、このようなやりとりをしていました。

会話が成立しない相手はまず疑いましょう

私「初めまして、◯◯と言います。同じく◯◯に勤めています。良かったら仲良くしてください^^」
業者「初めまして。そうなんですね!こちらこそよろしくお願いします〜」
私「同年代で経営もされるなんてすごいですね!尊敬します。」
業者「そんなことないですよ〜良かったら会って話しませんか?」

まだ挨拶程度しか交わしていないのに、会うのは…。

でも、チャットでダラダラ話すよりご飯でも食べながら色々聞いてみようかな。そう思った私はすぐさま返事をしました。

私「職場も近いですし、いいですね。軽くご飯でも食べながら話しましょう〜」
業者「じゃあ、今日はどうですか?」
私「ごめんなさい。今日は先約が入ってるので、また改めて…」
業者「明日の20時はどうですか?」
私「この頃仕事が忙しくて…ごめんなさい!ちょっと落ち着いてからでもいいですか?」
彼女はその後も、「じゃあ、来週は?」「こんにちは!この日はどうですか?」としつこく連絡をしてきました。

結局、彼女と会うことはありませんでした。

そして、彼女と話した内容も挨拶止まりでした。

実際に会っていないので彼女が本当はどんな人か定かではなりませんが、会話の内容や連絡の頻度からいくら考えても周りでよく聞く業者だっただろうと思っています。

もしこのような業者に出会ってしまったらどうすれば良いでしょうか。

まず、怪しいと思ったらすぐに通報しましょう。

通報するとTinderの運営側が判断し、排除してくれるので第2の被害者を出さずに済みます。

業者を見分けることは簡単ではありません。しかし、会話の内容が私が経験したように成り立たない、すぐに会おうとする人には要注意です。

もし会話が盛り上がり、実際に会うことになった場合は、事前に他の写真ももらったりして本人かどうかを確認することもおすすめです。

Tinderは安全に出会えるの?

結論から申し上げますと、出会えます。

その理由は、私が実際に出会ったからです。

Tinderを通して何人かの方とチャットのやりとりをし、お食事をした方も中にはいらっしゃいます。

皆さんは彼女を求めている、とても真面目な方々でした。

しかし、価値観だったり性格の面でうまくいかず、私は現在の彼氏に出会いました。

Tinderはプロフィール写真と簡単なプロフィールでしか情報がわかりませんが、私の場合は優しそうな雰囲気の写真が気に入りました。

また、Tinderの自己紹介の下にはFacebookで”いいね”を押している共通のコンテンツやページが表示されるのですが、たまたま好きなものが自分と共通しており、思わず”いいね”にスワイプをしました。

今は自分の直感を信じてよかったと心から思っています。

私の周りにもTinderで知り合ってデートを重ねているという話はよく耳にしますので、これは個人の話だけではないはずです。

まとめ

世の中のマッチングサービスにはサクラが必ず潜んでいるはずだと思われていませんか?

もちろん、世の中にはそのようなサービスもあるかもしれません。

しかし、それはユーザー数を増やして一儲けしようとする一部の企業に過ぎません。

Tinderのような規模になりますと、ユーザーの獲得に必死にならなくても良いので、その代わりにコンテンツの企画やよりユーザーに良い環境を提供することにお金をかけて、イメージを上げることに全力を尽くす為、サクラに力を注ぐ必要はありません。

どんな企業でも、サービスが大きくなるに連れ、妨害しようとしたり、逆に利用しようとする悪者はいます。

ですから、Tinderではユーザーが快適にサービスを利用してもらえるよう、登録に2段階の認証を設けて業者のような人が入って来られないようきちんと守ってくれます。

もちろん、それでも業者らしき人はいます。私も実際にそのような人に会いました。

しかし、万が一変な人が入ってきたとしても通報機能で排除できるようにセキュリティー面でもしっかり対応していますので、ご安心ください。

まずは安心して、気になる人がいれば右側にスワイプをしてみましょう。

私もそれで素敵な人に出会えました。マッチングのポップアップが表示されたら、それはあなたの運命の相手かもしれません。

-ティンダー

Copyright© Noel , 2017 AllRights Reserved.