ペアーズ

ペアーズのプロフィール写真で、自分をどう伝えるべき?

更新日:

ペアーズを通じての出会いで、一層重要視されるのは「プロフィール写真」です。

メイン写真のみならず、サブ写真だって注意が必要。

とはいえ、どういう写真を選べばいいのでしょう?この記事では、ペアーズに載せるプロフィール写真の選び方をお伝えします。

メイン写真は当然ですが、顔写真

ライター
メイン写真は、潔く顔写真にするのが鉄則。

恥ずかしいし、知り合いに見られたら嫌だしと、猫や犬、夜景、きれいなお料理・ケーキなど、自分の顔写真以外のものに設定してはいませんか?

なんとなく素敵な女性らしい雰囲気を出すことはできても、これではもらえるはずの「いいね!」を逃してしまいます。メイン写真を避けてサブ写真に顔写真を置いている人も見かけますが、それはあまりにも非効率。

プロフィールを開かせて、さらにサブ写真を選択させなければ顔写真に到達できないなんて、あまりにも手間がかかりすぎです。ペアーズで素敵な相手を見つけたいなら、とにかくできるだけ多くの人に自分のプロフィールを見てもらうことが最優先。

それをかなえるためには、メイン写真で興味を引くのが最善の策なのです。

興味を引くメイン写真とは、言うまでもなくあなたの顔写真。そうでない写真は、他の登録者たちのなかに間違いなく埋もれます。

わかりやすく、効果的な顔写真を用意

人には好みの外見とそうでない外見があります。ルックスの良し悪しは関係なく、恋愛対象になるかどうかを判断してもらうためにも、自分の顔写真はわかりやすく公開すべきです。

わかりやすい顔写真とは、まず顔全体が写っていること。

たとえばスタンプやペンツールなどで、顔の一部を隠すことはやめましょう。写真を見る側からすると、隠されている部分とはリスクそのものです。目元だけ、口元だけなど、顔が見切れているものも適しません。写真と実物では、大きく印象が変わりそう。そう思われてしまうような写真は、載せる意味がありません。

また、笑顔であることも大切です。

笑顔でなければ、ということは決してありませんが、笑顔であれば、よりいい印象を与えられる可能性が高くなるでしょう。親しみやすそう、優しそう、そんなイメージをもってもらえるかもしれません。

顔写真の加工はどこまで許される?やりすぎは逆効果!

自分をよく見せたいと思うのは自然なこと。

ですが、実物とのギャップがありすぎてはいけません。加工を効果的な範囲で行うとすれば、一つは、肌を少しだけ整えること。毛穴の目立つ部分や、ニキビなど、綺麗でないものを隠す程度にしましょう。より綺麗に見せよう、という欲は出さない方が吉。

写真を明るく

もう一つは、写真全体を少しだけ明るくすること。強く出すぎている影を抑えるなど、これもあくまで整える程度に。光で白く飛んでしまうほど明るくするのはNGです。

写真は加工はしすぎない

他にも、可愛いフレームをつけたり、フィルタで色調に変化をつけたり、いろいろ思い浮かぶかもしれませんが、それらを施した写真は悪目立ちする可能性が高いため、リスキーです。

目を大きくする、小顔にするなど、そもそもの顔の造形を修正するような加工はもってのほか。考え方によっては、綺麗な写真で相手をその気にさせ、デートまで漕ぎ着ける。そこで自分の良さを相手にアピールする。

などという作戦もあるのかもしれませんが、いざ待ち合わせ場所に来た相手が写真と全くイメージ違いだった!となれば、相手は「騙された」と感じるかもしれません。

完成度を上げに上げた虚像の自分と、実在の自分では、ギャップが大きすぎるでしょう。

デートできたとしても、次につながらなければ意味がありません。なかには、待ち合わせ場所で相手の姿を見て、そのまま帰ってしまうというパターンもありますから、実物のイメージからかけ離れすぎない写真を使用するのがいちばん。よく見せすぎないことが肝心です。

好感を持たれやすいのは、誰かと一緒に撮った写真

友達や同僚などと一緒に写っている写真は、楽しそうな雰囲気が出ていたり、笑顔で写っていることが多いため、好感を持たれやすいでしょう。

相手に、あなたがどんな人かをイメージさせやすくもあり、ペアーズに載せる写真として効果的。

とはいえ、もちろん、異性が写り込んでいるものはタブーですから、要注意です。たとえ何でもない異性であっても、絶対に避けましょう。目線を入れるだけ、スタンプで顔を隠すだけではなくて、異性の影を一切見せないこと。

普段から写真を撮る機会がなかったり、誰かと一緒に写っている写真でいいものがない場合は、自分で撮った写真でも問題ありません。その場合は、カメラの位置や角度がキメキメにならないよう、あくまで自然に写ることを心がけましょう。自撮り棒などで、誰かに撮ってもらったかのように装うのも手かもしれません。

明らかに自撮りであるとわかる写真にもかかわらず、意味ありげな表情や、オーバーすぎる笑顔だと、見る側としては違和感があるかもしれません。軽く口角を上げる程度の笑顔が無難でしょう。

サブ写真には何をあげればいいの?

メイン写真に顔写真を乗せたら、あとはサブ写真。全身が写った写真を載せると効果的かもしれませんが、これは自信のある人だけで構いません。

サブ写真では、あなたがどんな人か、普段どんな生活をしているかなどを相手に伝えることを目標とします。メイン写真ほど神経質になることはありませんので、最近食べて美味しかったものや、出かけた場所など、好きなものを乗せましょう。とはいえ、写り込みを避けるべきものもありますので要注意。

例えば、ブランド品。たいして高くないものであっても「ブランド品=高い」という印象を持つ人が意外といますし、ブランド品を好きだと思われていいことはあまりありません。

それから、お酒。レストランなどで撮った写真に写り込みがちですが、どんなにおしゃれなカクテルやワインでも、避けた方が無難かもしれません。

お酒の写り込みくらい、と思うかもしれませんが、厳選した数枚の写真にこれがあると印象を強く与えがち。お酒が好きなのだろうか、よく飲みに行っているのだろうか、誰と飲みに行っているのだろうか、などと余計なことを思われる可能性があります。

無難なのは何かと言われたら、旅行先での風景や、綺麗に写った美味しそうなもの、そのあたりでしょうか。余計な情報は与えずに。

自分はこういう人です!という主張が強すぎると、相手を引かせてしまうことも。控えめに。趣味に偏りすぎた写真はNGです。写真に意味を込めすぎるのはよくありません。

まとめ

ペアーズにおいて、アプローチする異性を選ぶ最大の判断材料となるプロフィール写真。

大事なのは、やりすぎないこと。ここで目立つ必要はありませんから、あくまで自然に見える写真を選びましょう。

写真からは、こちらが意図しない情報まで読み取られてしまうことがあります。

不必要な情報を取り除き、できるだけたくさんの異性に好印象を抱いてもらえるような写真で、素敵な相手を見つけましょう!

よく読まれる記事

優良出会い系サイトランキング

ポイント制の優良出会い系サイトランキングです。

女性は完全無料で使用することができます。

全マッチングアプリ一覧

月額制のマッチングアプリをまとて評価しました。

ペアーズやomiai、タップル誕生など有名アプリを格付け!

-ペアーズ

Copyright© Noel , 2017 AllRights Reserved.